ヴァザーリ回廊の住人
旧)casa dei medici 食・旅・モノ・ 一人の男の戯言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

札幌の夜

DSC00425.jpg
道中の食事は非常に重要でもあり、そして楽しみなものの一つです。
フランス人なら食べる行為をするためだけに車を走らせ美味を求め旅をする人も少なくない
その指標となるガイドブックが、星の数で評価する有名なアレである。

特に美味しい料理を提供するレストラン。
★★ 極めて美味な料理 遠回りしてでも訪れる価値がある
★★★ 卓越した料理で、それを味わうためにわざわざ訪れる価値がある。
日本版も近々出るとか・・・・

カミサンと二人旅でしたら、ザ・ウィンザーホテル洞爺 
Michel Bras TOYA Japon にでも気張って行きたかったのだが、小学生と幼稚園の子を引き連れてではチト気が引ける
もし行ったとしても、食事中よそのお客さんに迷惑掛けるようだと、こちらが恥をかくことになる。
最近は12歳未満の方はお断り!のレストラン・宿が少しづつ増えている・・・・それは当然と云えば当然
大人の時間を買っているのだから、上質な時を過ごしたいのは誰しも思うことでその質が上がれば当然金額も比例してくる・・・・それなりの金額を払ったにもかかわらず周りで騒がれたらそのお店にはもう行かないだろう 
DSC00422.jpg
・・・そんな大人の空間に子供を連れて行っても此方が疲れるだけなので、今回は完全に安く上げる方向で、楽しい方向で旅をすすめる事を考えていた。勿論子供中心の旅を・・・
食事で唯一お金を掛けたビール園
キリンビール園 新館アーバン店
非常に都会的で清潔感漂う店舗だ!
DSC00429.jpg
受付の方3人も美しい~店の雰囲気に合う、洗練されたアーバンな感じ。
サッポロビール園はクラシカルな感じであるがこちらはその対極にある
メニューは定番の海鮮盛り
DSC00426.jpg
そしてラム(一応プレミアム)
私はラムが大好きでそのDNAは確実に子供達へ・・
家では殆ど食べないのに何も云わず相当食べていた!クセがあり独特の香りを持つ肉なのにな~

初日にスープカリーを食べ損ねて、その後もお目当てのものは口にすることが出来なかったが、最後の夜は何とかたどり着けた

秋には・・・
★★★それを味わうためにわざわざ訪れる価値がある。
の旅がしたい!
・・あれっ?”それを味わうためにわざわざ訪れる”
旨いか不味いかは別として、よく考えると何時もしてる旅スタイルだな~!!

 
スポンサーサイト
【2007/05/17 11:47】 | トラックバック(0) | コメント(0) |

<<本州へ | ホーム | モエレ沼公園>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ENTRIES

  • ありがとう。(08/11)
  • primavera (04/30)
  • primavera 其の一(04/17)
  • ego and eco(02/18)
  • 2012(01/11)
  • COMMENTS

  • ハリソン(08/23)
  • taka(08/13)
  • メディチ(05/26)
  • メディチ(05/26)
  • さすらいboy(05/23)
  • kokko(05/22)
  • メディチ(05/10)
  • TRACKBACKS

  • トヨタが好きなんだよね:(09/29)
  • ラグをあげる:シャギーラグ マット アイボリー 200x200c(09/28)
  • クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!:ビーエムダブリュZ4 BMW Z4 (BMW)(09/07)
  • A4の思い入れ:(09/06)
  • 大皿をたくさん集めました:喜々皿LB Lサイズ(08/12)
  • ARCHIVES

  • 2012年08月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (3)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (6)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (3)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (4)
  • 2009年11月 (4)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (5)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (8)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (3)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (12)
  • 2008年09月 (11)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (11)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (7)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (8)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (13)
  • 2007年08月 (14)
  • 2007年07月 (9)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (7)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (8)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (8)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (10)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (10)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (13)
  • 2005年07月 (7)
  • CATEGORY

  • 旅 (127)
  • モノ (63)
  • 映画 DVD (17)
  • MUSICA (13)
  • 生活 (83)
  • lavoro/仕事 (9)
  • 車 (211)
  • BICYCLE (9)
  • Fiat500 (4)
  • LINKS

  • Why is the sky so blue?
  • mouton's cafe
  • はーふむーんの気の向くままに・・・
  • みふぷらす
  • 行く道は風なり、オープンくるま生活
  • ★Goodデザイン★~Good Design~
  • 指令!GOGO作戦
  • 戸川流管理人
  • Runaboutな日々ヲ往ク(みんカラ編)
  • 造り付けのcupboard~ALFA GT & MINI CONVERTIBLE
  • 蛇の道
  • Bianco Argento Met.☆155
  • 龍の皿-RYU's Plate- with AlfaRomeo159
  • YUGO と TEO
  • 195 Rooso Proteo oku's ALFAROMEO 166
  • ヨリミチライフ
  • amorekunの気まま日記
  • 何の為に生きるのか
  • SLKとともに
  • SHIBATAKU PRESS
  • ☆スナフキンの旅レシピ☆
  • kurotaka's room
  • kokko's yellow life
  • RED DATA CARS
  • くるまにあ
  • All the Sky is Yours. 別館
  • ヴァザーリ回廊の通行人
  • The Stomach
  • ヴァザーリ回廊の会議室
  • CALENDER

    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    INFOMATION

    メディチ

  • メディチ
  • 車=旅=宿=食事=オーベルジュ,の旅公式を持ち
    グランツーリズモ(GT、要するに長旅好き)の響が好きで、
    いつも心にGTを・・・がmottoです。
  • 管理者ページ
  • RSS
  • 台北のホテルの口コミ
    台北のホテルの口コミ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。